tetsugaku poet

qinggengcai

芸術 ≒ 不完全性・空虚 ≒ 感性 (`ω´)キリッ 2/4


人は、見たいものしか見えないし、
見たいように世界を描き変える。
聞きたいようにしか聞けなくて、
聞きたい世界に作り変えてしまう。

だから、よく分からないのに、
分かったつもりにならないこと。
自分なんて 色や形を変えながら、
空を移ろい行く雲みたいなものでいい。

すっかり分かっている自分なら、
もう、知るには及ばなくなって、
分かったふりだけが上手くなる。
知ったかぶりにも気づけなくなって、

知らないことにも気づけない。



    200919d.jpg

    ―― Nudes and Architecture/Peter Zelei、2015



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2020年09月23日 00:00 |
  2. 色即是空
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

コメント

この雲、風の状態をずっと狙って
カメラマン(アーティスト?)もモデルさん(ヌーディスト?)も
じーっと待ってたんですかねぇ

一瞬を切り取った絵だけど、ついじーっと時間をカウント
してしまいますねぇ
  1. 2020/09/23(水) 08:59:52 |
  2. URL |
  3. ランタナ #bAcQnUEc
  4. [ 編集 ]

Peterは、完璧なものしか受け入れなさそうだなぁ。
  1. 2020/09/23(水) 22:27:01 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

ランタナさん、こんにちは。

撮影のために水を張って、
風で水面が揺れたときは、
待つしかないもんな。
大がかりだな。
  1. 2020/09/24(木) 08:26:47 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

> よく分からないのに、分かったつもり
経験値がどう作用するか個人差があると思うけど、
一般には経験値が高ければ、それだけ
解釈の選択も広がって思い込みや決めつけの
狭い世界に留まりにくい。
自分にはわからない世界があるんだな、と言う
余地を持ってるように思います。

世界をシンプルに捉えて
単純に分別できれば楽だけど、

単純にはいかないこと、
世の中は複雑な要素が絡み合ってる
ことを実感してきた人は、

自分とは違う文化に対して
同化はできないかもしれないけど
共存できないか試すと思います
(試行錯誤の経験値が高い、って言えば良いのかな)

でもまぁ、個々に基準なりあって
許容範囲もあるから
どっかで見切る場面も出てくるかなぁ?

「瞬時に理解した気になるのは
ちょっと待て」と直感が働いたことに
一定の時間を割いて
理解しようとしたけど徒労に終わることもあるし
ダメージ受けることもあるけど、
そこにまた何か意味づけしていくのも
経験値になると良いななんて思います

わからない部分が残る、と言うことを
許容するスタンス

使いようで「よく分からないのに、分かったつもり」
もありですね、、、

そうかわかった

同じ年齢でも試行錯誤の経験値が足りない人は
どっか深みが足りないと思うのは
試行錯誤に比例するんかな

今子供たちに派手にかけないように
範囲を調整しながら
試行錯誤させてますけど
やっぱり長い目で見るとそれが大事なんや

簡単に手出しするのは引き続き減らそっと

と呟きつつ、またきまーす

  1. 2020/09/24(木) 09:14:05 |
  2. URL |
  3. ランタナ #bAcQnUEc
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

水平と垂直を強調してくる。
人だけが整っていない。
人だけが、イカれてる気がするw。
  1. 2020/09/24(木) 11:12:36 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

ランタナさん、こんにちは。

>経験値がどう作用するか個人差があると思うけど、
>一般には経験値が高ければ、それだけ
>解釈の選択も広がって思い込みや決めつけの
>狭い世界に留まりにくい。
>自分にはわからない世界があるんだな、と言う
>余地を持ってるように思います。
中二って、二極思考に分裂するよね。
ほんなら白ってこと? ほら、やっぱり黒やん、って。
よく分からないのに、理想化して極端に好意を持ったり、
逆に、少しでも不愉快なことが生じたときには、
許せなくなって、一気にこき下ろす。

>世界をシンプルに捉えて
>単純に分別できれば楽だけど、
>単純にはいかないこと、
>世の中は複雑な要素が絡み合ってる
>ことを実感してきた人は、
>自分とは違う文化に対して
>同化はできないかもしれないけど
>共存できないか試すと思います
二極に振れる人ってのは、異常につき纏ったり、
反対に振れたときには、異常に恨んだりするよ。

>わからない部分が残る、と言うことを
>許容するスタンス
白と黒の間を残すこと。
そして、僕の知らないまっ白と、
僕の知らないまっ黒を想像すること。

>同じ年齢でも試行錯誤の経験値が足りない人は
>どっか深みが足りないと思うのは
>試行錯誤に比例するんかな
中二って、不機嫌になるよね。
不機嫌をコミュニケーションの方法として使う。
不機嫌になったときに、相手が折れてくれる、
相手が合わせてくれる、相手が要望を通してくれる。
不機嫌を使って他人をコントロールするのは、
間違ったコミュニケーションだと気づけない。

ご機嫌な人は、試行錯誤してるよw。
不機嫌な人には、信じられないことかもしれないけれど。
  1. 2020/09/24(木) 11:16:23 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

>不機嫌をコミュニケーションの方法として使う。
確かに。(うちの13歳)

>ご機嫌な人は、試行錯誤してるよw。
確かに。(うちのプラモデルクラブの5*歳)

>白と黒の間を残すこと。
>そして、僕の知らないまっ白と、
>僕の知らないまっ黒を想像すること。
これがね、難しく感じる人はいるんですよね。
でも、難しいだけで不可能ではないと
思えば、少しずつうまくなる人もいる。

おそらく、白黒を手がかりに世の中を
認識してるんだと思われ。
間やその外があることが不安になるのかなと
理解してます。
(不安だから不機嫌になる)

でも極稀にほんまにどうアプローチしても
変えようとしない人もいる。
それはもう、その人の選択だから、
合わせるというか、離れてあげることが
多分一番優しい対応かなぁ。

不安なんですねー、って

相手があの手この手ですがりついてきても。
そのコミュニケーションスタイル
(処世術)は間違ってるよ、って
いくら伝えてもわかりっこないもん。

間違ってる、って言うたらあかんのかな。
あんまり一般的じゃないよ、って
柔らかく言わないと、不機嫌になるのかな


-----

ファインディングニモのお父さんマーリンは
奥さん失った経験から子供に何も起こらないように
過保護気味、
きっと本音の本音はもう辛い思いをしたくない
から

でも相棒のドリーに「子供に何も起きないようにするなんて無理」
と言います

私も過保護気味だったから
ここらで見直ししなくちゃなー

不機嫌をコミュニケーションのスタイルが
固定しないように
  1. 2020/09/24(木) 12:41:32 |
  2. URL |
  3. ランタナ #bAcQnUEc
  4. [ 編集 ]

>確かに。(うちの13歳)
自己中、ってのは幼児のコミュニケーション、
不機嫌、ってのは中二のコミュニケーション、
それにしたって間違っているわけではなくて、
みんな途中までそうやって育つんだな。

>確かに。(うちのプラモデルクラブの5*歳)
ご機嫌と軽薄を短絡させるのは、実は、根拠がない。
判断基準が中二のまま。
ご機嫌な見かけでも、軽くも浅くもない人はいる。
他人は、自分の理解に収まらないのがデフォ。

>でも極稀にほんまにどうアプローチしても
>変えようとしない人もいる。
>それはもう、その人の選択だから、
>合わせるというか、離れてあげることが
>多分一番優しい対応かなぁ。
そうですねー。
追い詰められても変えない。
もう詰んでいるのに、変えられないのなら、
結末を見届けることもないよね。
  1. 2020/09/24(木) 19:53:55 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

数理哲学・メタ数学 

≪…人は、見たいものしか見えないし、
見たいように世界を描き変える。…≫で、⦅自然数⦆を
「もろはのつるぎ」でみてきたが、[数直線]も『幻のマスキング』で観てみたい。

川端 裕人の「算数宇宙の冒険」の【ゼータ関数・オイラー積】は、
『幻のマスキング』に観えそうだ・・・

[直交座標]での[正比例直線]と[反比例曲線]の[極限化]が、
[反比例曲線]の[正比例直線]の[折り返し]で、
[縦軸]と[横軸]に生ると観える。【解析接続】・・・

本書での「グレーゾーン化」の『眺望』で・・・

一連の[メタ数学]の『眺望』で[数]の≪…世界を描き変える。…≫『行為』を、
 2020年が、西田幾多郎 生誕150年 没後75年 にあたり
「善の研究」の
【我は数理を知ると共にこれを愛しつつあるのである。】の文脈に捧げたい・・・・
  1. 2020/10/25(日) 07:36:22 |
  2. URL |
  3. 言葉の量化と数の言葉の量化 #mnNq5YWQ
  4. [ 編集 ]

言葉の量化と数の言葉の量化さん、こんにちは。

僕には、ちんぷんかんぷんです。
何を問題としているのかさえ分かりません。
コメント、ありがとうございますっ♪
  1. 2020/10/25(日) 09:56:01 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

干渉のモレア(縞)

≪…ちんぷんかんぷん…≫にさせて申し訳ございません。
≪…何を問題としている…≫は、【自然学】です。

「自然学 来るべき美学のために」山本和人・松本直美編の
第八章 曼荼羅の思考と文理融合の夢 自然学の臨界としての情報工学の将来にむけて 稲賀繁美 稿  に、
 【…文理融合というが、・・・障壁を透明にして融合することなどでは、ありえない。むしろ不透明に近い障碍というフィルターを通してその両者の臨界に浮かび上がる綾、干渉のモアレの生態を観察することが、文理の融通には大切なのであるまいか。】
 で、数の言葉の世界(数学)を[美学]で眺めたモノです・・・

所詮、凡人に深淵なる数の世界が分かるわけでもなく、
 【来るべき美学のために】として、ナントカ[数学]の[美]に
≪…くらいつき…≫たかっただけです・・・
ほぼ、[夢想]に限りなく近いです・・・

[点・線・面]の[国語表現]と
[点・線・面]の[自然数]の[本性]
を[量化]との「視座]で探る[美学]かなぁ~
  1. 2020/10/25(日) 22:28:57 |
  2. URL |
  3. 言葉の量化と数の言葉の量化 #mnNq5YWQ
  4. [ 編集 ]

すみません、ちんぷんかんぷんです。
僕には、まき散らした砂粒から、
意味を読み解くように思えます。

でも、意味があるんだなぁ♪
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/blog-entry-743.html
  1. 2020/10/25(日) 22:56:08 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://qinggengcai.blog.fc2.com/tb.php/2241-38826a0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)