tetsugaku poet

qinggengcai

下手っぴな優しさについての言い訳 18/xx


>他人と同じフォーマットに載せても、なお、
>違いが出てくるのが、個性や独自性だと思われる。
そして、個性や独自性がないと、
僕たちは、まるで優しさを感じない。

言葉づかいも、発声も、抑揚も、速度も、音量も、
申し分がないときには、逆に、嫌味で、誠意を感じない。
慇懃無礼(いんぎんぶれい)、ってやつだ。
礼儀正しく、ていねいに、相手を見下げている。

申し分がない優しさなのに、僕たちは、
なぜか、冷たさを感じてしまうから、
意図して使うのなら、優しい言葉だけを相手に届かせて、
優しさは届かないようにする方法になる。

意図して使うのなら、コミュニケートするためではなく、
コミュニケーションを打ち切るために使われる。



    200127a.jpg



おそらく、自分のために作られた言葉ではないからだろう。
相手が誰であっても、置換えが可能で、
自分に宛てられていなくてもいいからである。
さながら、機械の自動音声のように。

僕たちは、卒(そつ)がない優しさを求めているのではない。
自分だけに向けられた優しさを求めている。



    

    It takes a man to suffer ignorance and smile
    Be yourself no matter what they say

    ―― Englishman in New York/藤井風
    ―― Sting 作詞作曲、1987、A&M Records



201203.gif

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2021年03月30日 00:00 |
  2. 優しさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

自分だけに向けられた優しさかぁ
受け損ねてるかもなぁ
もったいなーい
  1. 2021/03/30(火) 10:11:43 |
  2. URL |
  3. ランタナ #bAcQnUEc
  4. [ 編集 ]

ランタナさん、こんにちは。

>自分だけに向けられた優しさかぁ
>受け損ねてるかもなぁ
校長先生の話みたいなもので。
誰に向けられているのか分かんないけれど、
自分に向けられている、と思えた人に向けられる。

僕には、まったく向けられていなかったw。
  1. 2021/03/30(火) 11:08:11 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

自分が経験したこととか、考えたことがあることについてだったら、
自分の言葉で優しくできるかもしれない。
悩んでる人とか、つらそうな人に声をかけるとか。

でも、ひとたび優しくしようものなら、
もっとくれと求められ続けることになるから、
誰にでも簡単に人に優しくするもんじゃないよ。

しんどくならない人が、本当に優しい人なんだろな!
  1. 2021/03/30(火) 23:35:49 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

>でも、ひとたび優しくしようものなら、
>もっとくれと求められ続けることになるから、
>誰にでも簡単に人に優しくするもんじゃないよ。
どうしたっ、何があった?w

なんというか、心ならずも、優しさ乞食に仕向けて、
耐えられなくなって、やむなくはしごを外す、
みたいなことはありますね。

>しんどくならない人が、本当に優しい人なんだろな!
本当に好きな人にしか、本当に優しくなれないな。
  1. 2021/03/31(水) 00:13:58 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://qinggengcai.blog.fc2.com/tb.php/2414-278d8cd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)