tetsugaku poet

qinggengcai

アホみたいなことを (`ε´) ―― 5/x


>だから、野球選手になりたい人なら、
>今、野球をしている。



    フロイトは、主体を倫理的行動に駆り立てる媒体を指すのに、
    三つの異なる術語を用いている。
    理想自我 Idealich、自我理想 Ich-Ideal、超自我 Ueberich である。
    フロイトはこの三つを同一視しがちであり、…
    ラカンはこの三つを厳密に区別した。

    〈理想自我〉は主体の理想化された自我のイメージを意味する
    (こうなりたいと思うような自分のイメージ、
    他人からこう見られたいと思うイメージ)。

    〈自我理想〉は、私が自我イメージで
    その眼差しに印象づけたいと願うような媒体であり、
    私を監視し、私に最大限の努力をさせる〈大文字の他者〉であり、
    私が憧れ、現実化したいと願う理想である。
    ―― ラカンはこう読め!/スラヴォイ・ジジェク 著、
    ―― 鈴木晶 訳、2008、紀伊國屋書店



    200223a.jpg



大谷翔平になりたい、そう思うとき、
理想自我的には、背番号17のシャツを着て、

エンゼルスの試合の中継を観ればいい。
大谷翔平が投げてくれる、打ってくれる。

自我理想的には、大谷翔平に駆り立てられて、
自分が、投げている、打っている。

自分が所属するチームのシャツを着て。



    

    笑いもせず ただ 見せてくれる
    走り方 ヒーローが教えてくれる

    ―― 明日も/SHISHAMO
    ―― 宮崎朝子 作詞作曲、2017、UNIVERSAL SIGMA



201203.gif

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2022年09月21日 00:00 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://qinggengcai.blog.fc2.com/tb.php/2878-08df60bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)