tetsugaku poet

qinggengcai

運がよかっただけ ―― 21/xx


哲学-思想-政治-戦略-戦術、の並びで、
思想より上の概念によれば、
不起訴や無罪が選ばれたのかもしれないが、

京アニの事件は、政治より下の概念によって、
起訴と責任能力と死刑が選択された。
控訴の提起は、思想的には妥当な可能性もあり、

しかし、政治的には不当になりそうだ。



201203.gif

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2024年01月31日 00:00 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメント

こんにちは✨

私には難しくて、さっぱり分からなくて、どうコメントしたら良いかも分からなくて💦

まず、哲学と思想の違いすら、私は分かっていなくて、調べました💦

どうして、哲学と思想の概念だと、不起訴や無罪が選ばれるのですか?
どうして、政治より下の概念だと、起訴と責任能力と死刑が選ばれるのですか?

本当に分からなくて💦
恥ずかしい限りです💦
  1. 2024/01/31(水) 16:54:41 |
  2. URL |
  3. もく #di2mBhfE
  4. [ 編集 ]

もくさん、こんにちは。

>私には難しくて、さっぱり分からなくて、どうコメントしたら良いかも分からなくて💦
そんなときは、コメントせずにスルーですw。

>どうして、哲学と思想の概念だと、不起訴や無罪が選ばれるのですか?
>どうして、政治より下の概念だと、起訴と責任能力と死刑が選ばれるのですか?
一つずつ定義するよりも、
ざっくり大づかみに関係性から見渡したほうが、
正確ではないとしても、分かった感が得られると思います。

>本当に分からなくて💦
>恥ずかしい限りです💦
そう言われると、僕だって本当には分かっていませんよー。
こんな例しか挙げられないからw。

それに、こんなことは、もしかしたら、
僕のほかには誰も言っていないので、
分からなくても当然な気がします。

結婚、を例に挙げて、
「政治」を結婚にすれば、
(できないけれど、無理でもしてくださいw)
婚活は「戦略」になります。
そこで繰り広げられる駆け引きが「戦術」です。

結婚するのが当然で、
その当然さに疑いを持たない時代なら、
結婚によって幸福が得られる「思想」は、
当然に世の中に行き渡っていました。

その「思想」が当然でなくなると、
自明の価値が壊れて「哲学」に向かいます。
結婚とは何か。
人が人を好きになるのはなぜか、
そして、それはどういうことか。

世の中にとって、ではなく、自分にとって、
結婚とは何か、を考えるのが「哲学」です。
そもそも、自分は、結婚したいのか、
そして、それはなぜか。

責任能力がない者の行為は罰しない「思想」があるとき、
青葉被告の場合は、能力があるともないとも誰にも言い切れなくて、
「思想」では無罪なのかもしれません。
起訴、責任能力、死刑は「政治」的な決断によったものと考えます。
  1. 2024/01/31(水) 17:36:12 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

「思想」では無罪か。
しかし、青葉被告の控訴理由は「鑑定で全て妄想のせいにされてしまった」ということですよね。
しかし当然青葉被告は、365日24時間妄想の世界に生きている訳ではない。
ビタさんも言っていたけど、こういう人は現実と妄想の世界を行き来している。
放火殺人を選んだのは妄想に駆られてではないですよね、現実に生きて計画を練って躊躇しながら実行した。
すれば思想の世界でも彼には責任能力があり、妥当な判決と考えます。

さて、昨日また模擬テストがあって、今日班の半分くらいの人が担当SVに呼ばれて「どうですか?」なんて訊かれた。僕は呼ばれない。
1ヶ月経ったんだから、皆に「どうですか?」とききゃ良いようにも思うが、地獄耳の僕は知っている。そのSVは問題の特にない人には何も言わないのだと。
つまり、呼ばれた人は、昨日のテストでダメだった人だろう。
自分は評価されているのかなと思った。さて明日から2月ー。
  1. 2024/01/31(水) 18:13:30 |
  2. URL |
  3. oki #ibS8y52A
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>しかし、青葉被告の控訴理由は「鑑定で全て妄想のせいにされてしまった」ということですよね。
そう、京アニがパクった事実までも、妄想で片づけられるのは許せない、ってことでしょう。
しかし、青葉被告の主張どおりに、京アニがパクったことにしてみても、死刑は変更を受けません。
責任能力が問われている裁判では、妄想の所為にされることがらが多いほど、
被告人に有利に働くと思うのですが。

>放火殺人を選んだのは妄想に駆られてではないですよね、現実に生きて計画を練って躊躇しながら実行した。
そう、公判でもそう認められた。

動機が、例えば、統合失調症などによる妄想の影響を受けたものであっても、
犯行は、自らの意思による自由な選択であった場合、責任能力が認められるのは当然です。
僕は初公判からその立場で、
でなきゃ妄想で動機を得た者は、同時に殺人許可の特権を得たことになる。

>すれば思想の世界でも彼には責任能力があり、妥当な判決と考えます。
全公判を通して、判決は妥当です。

しかし、青葉被告が無罪になっていたら大騒ぎで、
政治的にはかなりヤバいことですわ。
それを思うとね、思想は最初から腰が引けていた。

思想も政治も等しく、死刑判決に安堵する。
そんな意味でも、判決は妥当ですが、
そんな意味を慮(おもんばか)ってみるわけです。

>さて、昨日また模擬テストがあって、今日班の半分くらいの人が担当SVに呼ばれて「どうですか?」なんて訊かれた。僕は呼ばれない。
>1ヶ月経ったんだから、皆に「どうですか?」とききゃ良いようにも思うが、地獄耳の僕は知っている。そのSVは問題の特にない人には何も言わないのだと。
合格ですやんw。

>自分は評価されているのかなと思った。さて明日から2月ー。
2月も慌ただしく過ぎるよなー。
  1. 2024/01/31(水) 19:15:46 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、分かりやすい説明、本当にありがとうございます✨

自分にとって、突き詰めて考えていくのが、、、が哲学なんですね。
なんとなく、結婚の例えのお陰で、全体像が見えてきました🍀

印象が残っているのは、犯行直後の青葉被告と警察官との録音されたやり取りでは、小説をパクられたことについて、警察官に向かって、「お前ら全部知ってるんだろ!全部知ってるんだろ!」という場面は、妄想状態なのかな、という思いもあります。
だから、そんな状態の時、責任能力があるともないとも分からなくて、、、

だから、思想的には、不起訴や無罪もあり得ないわけではない、、、という感じなのかしら。

ただ、こんな大量殺人事件では、政治的には、無罪は許されないのでしょうね、、、
国民の心情的にも。
  1. 2024/01/31(水) 20:17:03 |
  2. URL |
  3. もく #di2mBhfE
  4. [ 編集 ]

思想の敗北か。
確かに僕も、あんな犯罪を犯すなんて狂気の沙汰だから、心神耗弱で無期が妥当かなと考えたこともあった、ここに書きましたよね。
しかし、無期懲役でも世間は許さないでしょう。はじめに死刑ありき、で論は進んだ。そりゃ大衆の感情だ。裁判員も多くはそういう感情を抱いたでしょう。
感情に支配された裁判、確かに。
思想というか、刑法39条というのはあるんだから、法治国家である以上、思想が腰を抜かしてはいけなかったな。
とはいえ、思想は弱い。刑法39条で無罪となると、野に放たれると思っている人がいまだに沢山いる。そんなの野に放つな、という声が必ず出る。
やはり感情が支配するこの国。
  1. 2024/01/31(水) 20:30:55 |
  2. URL |
  3. oki #ibS8y52A
  4. [ 編集 ]

>青梗菜さん、分かりやすい説明、本当にありがとうございます✨
いえいえ、つっこみどころは満載ですw。

>自分にとって、突き詰めて考えていくのが、、、が哲学なんですね。
そう思います。
哲学は自分でするものです。

思想を押しつけられた、って言い方があるけれど、
哲学を押しつけられた、ってのはなんだか変です。

>なんとなく、結婚の例えのお陰で、全体像が見えてきました🍀
結婚する、って決断が政治です。

政治的決断、って言い方があるけれど、
思想的決断、ってのはなんだか変です。

>印象が残っているのは、犯行直後の青葉被告と警察官との録音されたやり取りでは、小説をパクられたことについて、警察官に向かって、「お前ら全部知ってるんだろ!全部知ってるんだろ!」という場面は、妄想状態なのかな、という思いもあります。
>だから、そんな状態の時、責任能力があるともないとも分からなくて、、、
藪の中ですね。

>だから、思想的には、不起訴や無罪もあり得ないわけではない、、、という感じなのかしら。
判断する材料は、公判で揃えられます。

>ただ、こんな大量殺人事件では、政治的には、無罪は許されないのでしょうね、、、
>国民の心情的にも。
無罪なら精神疾患への扱いはどうなるか。
想像に難くないと思われます。
  1. 2024/01/31(水) 21:17:17 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

>思想の敗北か。
うん、勝っちゃいけない。
かといって、負けるわけにもいかない。

>確かに僕も、あんな犯罪を犯すなんて狂気の沙汰だから、心神耗弱で無期が妥当かなと考えたこともあった、ここに書きましたよね。
はい、それもありっちゃありです。

>しかし、無期懲役でも世間は許さないでしょう。はじめに死刑ありき、で論は進んだ。そりゃ大衆の感情だ。裁判員も多くはそういう感情を抱いたでしょう。
>感情に支配された裁判、確かに。
大衆は、死刑だワッショイでした。
そのモードには、少なからず弁護側も巻き込まれたとは思います。

>思想というか、刑法39条というのはあるんだから、法治国家である以上、思想が腰を抜かしてはいけなかったな。
>とはいえ、思想は弱い。刑法39条で無罪となると、野に放たれると思っている人がいまだに沢山いる。そんなの野に放つな、という声が必ず出る。
>やはり感情が支配するこの国。
でも、全公判を通して、判決は妥当ですから、
掘り起こす問題自体が無化されました。

長野の猟銃がヤバいです。
あれもみんなが憶えている事件ですから。
猟銃の所持に際して、精神疾患がない、って診断書までついている。
精神疾患は自分の都合で恣意的に選べるなー。
  1. 2024/01/31(水) 21:18:25 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
https://qinggengcai.blog.fc2.com/tb.php/3219-437f45ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)